Airbnbの3つの体験談と、宿泊だけじゃない楽しみ方

民泊ブームで日本にもかなり浸透してきたairbnb。

 

アメリカ旅行の際にとてもお世話になった。

 

なんといっても、安いし、面白い体験ができるのがこのairbnbの醍醐味。特に長期で滞在すると割引になったり、新しい出会いが生まれるので、旅をするのにありがたいサービス。

広告

1 Airbnbの成り立ち

サンフランシスコで2007年10月学校の同級生で、同じ場所に住んでいるルームメイトだった Brian CheskyとJoe Gebbiaは、家賃が払えなくなってしまった。

 

そしてエアーマットレスを置いて、誰かを泊めてあげることでお小遣いを稼ぐことを思いついた二人。朝ごはんもつけて。一番初めのスタートは、そんな小さなアイデアだった。それが今では世界中のたくさんの人々が使う大きなサービスになっている。

 

2008年の2月以前のルームメイトだった Nathan Blecharczyk彼らのチームに加わり、”AirBed & Breakfast”という名前でスタートした。ここで Web サイトを作り上げた。

 

Airbnbの前のサービスAirbedandbreakfast.comは2008年11月にスタート。

そんなひょんなことというか、よくある事からこんなに大きなビジネスに成長するなんて驚き。

2 体験談1 ポートランド

私が初めにサービスを使ったのはシアトルの少し南にあるポートランドという場所。

クラフトの町で、手作り市なんかもあり大好きな町のひとつ。

 

ここのお宅で3日ほどお世話になりました。

ダウンタウンからは結構離れているのと、スーパーがすぐ近くにないのは難点だったけど、お家が面白い。

 

離れに滞在させてもらえるのだが、周りは林と動物。更にはちみつを自宅で作っていたりして、かなりアグリカルチャーな生活をしている様子。

そして、夜は本当に静か。薪ストーブを付けて、なんだかキャンプ気分でした。

ブリジッタという世界観のあるおばちゃんがホストで、スーパーまでわざわざ車を出してくれた。

 

娘さんも旅好きで、

「世界をあっちこっちしているのよ~」

なんて言っていた。

 

私が泊まった場所はもう貸し出しいなかったので、同じホストの方がやっているのがこちら

3 体験談2 プロボ

ソルトレイクシティのすぐ近くにあるプロボ。ハイキングなども楽しめるし、景色がユニークな場所だった。

 

あと、このairbnbのホストで友達になったderkがとてもいい人で、彼に出会えて最高にプロボの印象が良くなった。

 

derkのページはここ

というのも、ソルトレイクシティで知り合い伝いでヒッピーの集まるお家にしばらく滞在していた。

 

楽しいは楽しい環境だったが、これがまた夜な夜なパーティーをやるもんだから、うるさくて中々寝れず、しばらく寝不足状態だったので、余計にderkの部屋が静かで安心して寝れた。

 

derkには家の周りを案内してもらったり、彼がミュージシャンなので、彼の友達のライブに一緒に行ったり、derkのギターを聞かせてもらったり。

 

先祖代々?音楽家の家系だったらしく、本人のギターやピアノの腕前も素人目にもすごかった。

 

いつかものすごくビッグになったら自慢できるな、なんて思った。

そして、airbnbは相互に感想を書きあうのだが、彼の書いてくれたレビューがとても素敵なレビューで、彼の人間性の素敵さが感じられた。

 

家の周りを一緒に歩いて紹介してくれた時も、一緒に写真を撮ったりして楽しませてくれた。

彼のホスピタリティはぴか一だった。私がairbnbで出会った経験の中では一番面白い体験をさせてくれた人だったと断言できる。

 

またぜひ会いたい人の一人。

このように、お互いレビューを残すことができる。

4 体験談3 ミネアポリス

ここはドミトリー形式で、他のゲストと同じ部屋で、普通のホステルの様な雰囲気だった。

一軒家で、しっかり掃除も行き届いていた様子だった。

 

あと、立地が便利な場所にあり、近くにある公共自転車の借りれるとこにいって自転車で町が散策できた。

 

クーポンを活用しよう!

 

私からの紹介という形で登録して、airbnbを利用して旅行すると、51CAD(日本円で4200円分)のクーポンがもらえます!

登録自体は簡単で無料。

 

ぜひ使えるものは使いましょう!

www.airbnb.ca/c/ain30

広告

5 新しい楽しみ方

 今までの空いている部屋を貸す。といったサービスのみならず、更に新しい試みを開始しようとしている。

 

トリップ(trip)という、そのまんまの名前で開始された。

 

内容としては、ホストが企画してその町の楽しみ方を提供してくれて一緒遊べる体験。

 

 

 

Photography Tour in Kenya

開始されているサービスで面白そうだったのは、

ケニア・ナイロビの洞窟でのフォトグラファー向けのツアーだったり、

Shopping and Cooking with local in San Fransisco

サンフランシスコで生物学者と共にファーマーズマーケットを楽しみ、そこで買った食材と共に手作りのパスタを作って食べたり、

Riding a classic bicycle in London

更にロンドンで、中世スタイルの自転車に中世スタイルで乗れる経験ができたり、

見てるだけでも結構楽しい!
世界中で、そこでしかできない体験が提供されているようだ。

言葉の壁はあるかもしてないが、思い切って参加してみるのもいい思い出になりそう。

Ai
  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

     JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

      東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はメキシコのオアハカに滞在中。スペイン語習ったり、写真撮りに行ったり。

     フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつノマドっぽいことしてます。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・オアハカのアートを探る旅

    ・南米を旅する

    アート好きな方や、写真撮ってる方、ブロガーの人などと繋がりたいです。
    お気軽にツイッターかFBでメッセージ下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です