カントーの100%ローカル水上マーケットへ

ベトナムの間とはメコンデルタエリアの中では1番大きな都市。

カントーの名前の由来は”川の詩”もしくは、”東の都市”と言う意味がある。

カントーで有名なのはやっぱり、水上マーケット。そして、仏教寺院、新鮮なフルーツやローカルフード。 

ここの水上マーケットは、100%ローカル水上マーケットで、業者っぽい。ダウンタウン自体はあまり大きくはなく、マーケットも数カ所にぎゅっと凝縮されている。

カントーはどこだ?

ホーチミンからバスで3時間と、アクセスも楽。田舎町かと思いきや、けっこう大きな都市で、メコン川のすぐ横にビルが並んでいた。

【気候】雨が多い!

1年に2度の雨季があり、5月から11月が雨季。そして乾季がやってくる。

その次に12月から4月までがまた雨季。年間の平均湿度は83%にもなり、雨も多い。平均気温は27度。

広告

ツアーに参加・内容

1. 水上マーケット / Cai Rang Floating Market で朝ご飯

カントーの見どころは、なんといっても水上マーケット!100%水上マーケットという理由は、完全にローカルの人向けに始まったマーケット。というのも、多くのタイなどにある水上マーケットは観光向けに作られた、言わばフェイクの水上マーケットだったりする。

宿からスタートしたツアーで朝食付きで、10ドルで参加できた。かなり盛り沢山の内容で、大満足だった。

大家族でも住めそうな大きな船に、大量の野菜が詰め込まれていた。ときには丸々一艘パイナップルだらけと言う船もあった。

 

一週間に一度、下流の町へ行って仕入れをして、他の日はここで個人でお店をしている人々などに売っている。どうだ!100%ローカル水上マーケットという意味がお分かりになったはず。

 

今では、観光も大きな収入になっているのかもしれないけど、メインはまだまだローカルの人向けにやってる商いだ。

船の先端には長い棒が設置してあり、その棒の先にあるその船のお店の売っている商品が突き刺さっていて、どこからでも何を売っているのか、分かるようになっている。

どこの宿に泊まっても、ツアーを申し込めると思います。私も、泊まっていた宿の人から聞いてツアーに参加することを決めたので。

広告

2. ライスペーパー工場

水上マーケットを抜けて少し奥に連れて行ってもらった。船を降りるように言われ、何新お土産屋さんみたいな場所へ。 

中に入っていくと、1人の女性が蒸気がモクモク立ち上がるクレープ代みたいなものの上で、ライスペーパーを1枚1枚焼いている。その横に立って、宿のスタッフ間今回のツアーガイドの男の子が英語で説明をしてくれる。

カントー 水上マーケット ベトナム

女性が焼いたライスペーパーを広げて並べるスペースがあったり、乾ききったライスペーパーをカットして麺にする機械など、様々な工程を見せてくれた。

一つ一つ手作業というところも、ぐっときた。

一緒に来ていた女の子はいくつかの工程を実際にやらしてもらっていた。

カントー マーケット ベトナム

水上マーケットだけでなく、地上のローカルマーケットにも連れて行ってくれた。 ツアーに行く前に、すでに1人で、自転車でこのマーケットは来ていたのだけど、水上マーケットと地上のローカルマーケットのコントラストが面白い。水上マーケットは早朝に行かないと見れないが、ここのマーケットはいつ行ってもやっていた。

かなりてんこ盛りで、大満足のツアーだったが、さらにローカルのファームにも連れて行ってくれた。

これで1人10ドルはすごく安いと思う。

ファームの中を歩いて、オレンジなどが栽培されていた。ここのファームの面白いところは、栽培されている畝と畝の間に川が流れているところだ。

小さな2人用の船で、その川を行ったり来たり。一緒に来ていたカナダ人の男性が喜んで漕いでくれたので、私はただ座っているだけで写真を取れてラッキーだった。さすが湖の多い国から来たカナディアン!

カントーの宿や、アクセス方法

カントーの素敵宿/ ホームトラベルメコンカントーン

ホームトラベルメコンカントーン

という宿でお世話になった。素敵なスタッフさんたちで、ここで働いていたフランス人の旅人と仲良くなった。英語もベトナム語もあまり話さない彼が、なぜここに行きついたかは疑問だけど、ここのバンガローを作る手伝いをしているそうだ。

バイクでダウンタウンに連れて行ってくれたり、お菓子を買ってきてくれたり、ジェントルマン!

宿の横には川が流れていて、そこからツアーが始まる。少し郊外にあるので、自転車を無料で貸してくれる。歩いて5分くらいのところに、水やスナックなどを売っている売店あり。

カントーへの行き方 バス

Powered by 12Go Asia system

大体の料金はここで調べられる。

12.go

 

私が乗ったのは、120,000ドン(560円)だった。3時間あまりのバス旅。

大手のバス会社 FUTA BUS , thanh buoi

ぜひスリーピングバスというのに乗ってみて欲しい。超!超快適。シートが、既に倒れている状態で、足も延ばせる。横になって旅ができる。

あと、バスは毎時間あってすぐに乗ることができた。

宿から歩いて、まずはここの小さなバス停へ。そこでバンに乗って、大きなバス停まで無料で行ってくれた。

カントーで到着したのはこの駅。ここからバイクタクシーで宿へ向かったのだけど、若干ぼったくられた。値段交渉してなんとか40,000ドンで手を打ったけど、ホステルのお兄さんに聞いたら

「高くても、まあ30,000ドンくらいが相場かな」

と言われた。だからバイクタクシーも、トゥクトゥクも嫌い!

雰囲気が分かるはず!な動画はこちら

Vietnam Posts

ホーチミン フォトスポット
ホーチミンシティのカラフルフォトスポット
Read more.
ベトナム フエ ラオス 国境
バスで!ベトナム・フエ~ラオス・スワンナ
Read more.
ダラット ベトナム ローカルマーケット
ダラットのローカルマーケットはベストなフ
Read more.
ベトナム写真
ベトナム写真 VIETNAM PHOTO
Read more.
【ベトナム一人旅】フエ王宮の見どころ・歴
Read more.
カントー 水上マーケット ベトナム
カントーの100%ローカル水上マーケット
Read more.
Ai
  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

     JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

      東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はメキシコのオアハカに滞在中。スペイン語習ったり、写真撮りに行ったり。

     フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつノマドっぽいことしてます。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・オアハカのアートを探る旅

    ・南米を旅する

    アート好きな方や、写真撮ってる方、ブロガーの人などと繋がりたいです。
    お気軽にツイッターかFBでメッセージ下さい。