Montreal

カナダの中で住むのに一番適した場所はいったいどこなのか?2017年のデータから Canada

カナダの中で住むのに一番適した場所はいった…

住みやすい国として受け入れられている印象のカナダ。果たしてそうなのだろうか。今回、モントリオールが住みやすい都市で下位だったというニュースを受けて、ここにいる人がどのような観点で、”住みやすさ”をランク付けしているのか気になった。初めにショッキングだったのが、モントリオールは417都市中の356位だった。
ワーキングホリディからの観光ビザ延長申請結果がやっと来た。 Canada

ワーキングホリディからの観光ビザ延長申請結…

遂に、待ちに待ったビザの返事が。カナダは本当にビザ関係の時間がかかる。ワーホリを取得する時も追加書類が多くて人より大変だった。もちろん、ワーホリの時より申請自体は楽だったけど、まさかこんなに待つことになるとは。あまりにも時間もかかって、不安だったのでこの経験をここでシェアしておこうと思って書いてます。
モントリオールの教会巡りで欠かせない!クライストチャーチ大聖堂 Canada

モントリオールの教会巡りで欠かせない!クラ…

マギル駅の真上に建つ教会で、ダウンタウンの真ん中に位置するクライストチャーチ大聖堂。地下には、お土産屋さんや服屋さん、フリーwifiが飛んでいるフードコート、Tim Horton、我らがDollaramaなど便利。 モントリオールの教会の中でも、面白い歴史の残るクライストチャーチ大聖堂はぜひ寄ってみて下さい。
モントリオールに来たら必ず訪れたい、ローマ法王も泊まったマリア大聖堂 Canada

モントリオールに来たら必ず訪れたい、ローマ…

モントリオールの素晴らしい教会の中で、トップも争えるマリア大聖堂。 ローマ法王も泊まったこともあるというくらい、ちゃんとした(失礼!)教会なわけ。教会巡りも好きな私的には、見逃せないスポット。巨大で、装飾も素晴らしいので、モントリオールに来たら必ず訪れて下さい。
モントリオール国際花火大会を無料で見るベストスポットTOP5 Canada

モントリオール国際花火大会を無料で見るベス…

”L'International des Feux Loto-Quebec”という名前でも知られる、夏のビッグイベントになったこの花火大会。始まりは1985年のエキスポの際に、モントリオールで初めての花火大会が行われた。今回は、このモントリオール国際花火大会を楽しめてしかも無料のスポットをご紹介!
[地元の人も知らないモントリオールの名博物館]ジョージ・エティエンヌ・カルティエ国立歴史博物館 Canada

[地元の人も知らないモントリオールの名博物…

ジョージ・エティエンヌ・カルティエというカナダ東部の歴史に大きく影響した人物。今回紹介したいのは、彼のお家だった場所。現在は博物館になってはいるが、ここに実際に住んでいたカルティエの生活を残している。これが案外面白い。ガイド付きのツアーに参加するとより楽しめる。
オールドモントリオールのお土産屋街・ボンスクールマルシェ Marché Bonsecours Canada

オールドモントリオールのお土産屋街・ボンス…

銀色に輝くボンスクールマルシェはできてからというもの、モントリオールのひとつのランドマークになっている。 建物の中に入ると、公共のお手洗いもあるし、カフェや雑貨屋さん、絵画を売るショップ、メープルシロップ専門店、洋服屋さんなどなど、お土産を買うのにもちょうどいい。
[カナダ/モントリオール] 夜景を見ながらディナークルージングやアクティビティ Canada

[カナダ/モントリオール] 夜景を見ながらディ…

モントリオールでそれぞれの会社が、夕方や夜のクルーズを提供しており、ノートルダム島とサンテレーヌ島を周るコースがメイン。 種類は多種多様。今回はモントリオールで予約ができる、いくつかのクルージングツアーができる会社をご紹介します。
[モントリオール] セカンドハンドストアでお宝探し Canada

[モントリオール] セカンドハンドストアでお宝探し

セカンドハンドストア(Second Hand Store)とか、スリフトストア(Thrift Store)と呼ばれるショップが好きでちょこちょこ面白いものが見つかる。 モントリオールやケベックにも、沢山古着屋さんがあって、たまにビンテージのかっこいいものも見つかる。 たまに覗きに行っていたモントリオール市内のセカンドハンドストアを紹介します。
[オンラインチケット購入]モントリオール~ケベックシティ間の快適バス旅 オルレアンエクスプレス Canada

[オンラインチケット購入]モントリオール~ケ…

モントリオールからバスで3時間の旅。世界遺産の町ケベックシティへ。VIA鉄道でも有りだったが、倍くらいのコストがかかる。今回は安く行ける方法のバス!オルレアンエクスプレスを使って行ってきた。 英語サイトでオンラインでチケットを買うのが不安な人がいたら、これを活用して欲しい。