FTPソフトFilezillaに、シャッターストックを登録する方法

今回は、Filezillaというよく使われているFTPソフトに、シャッターストックの情報を登録してソフトからファイル(写真や動画)をアップロードできるようにしてみよう!そして自分の写真や動画を売ってみましょう。

 

シャッターストックへの寄稿者登録はこちら

 

まとめた動画は下記に。

広告

FPTソフト Filezilla

https://filezilla.softonic.jp/

 

ダウンロードはこちら。

 

ちなみに、FTPソフトとは、

 

FTPクライアントとは、FTPを使用してファイルの送受信を行うクライアントソフトウェアのことである。FTPサーバに接続してファイルをアップロードダウンロードすることができる。” 
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

途中でwifiが切れたりして、アップロードが中断されても、また中断したところからスタートできたりする利点があって、wifiの弱い国なんかにいると便利。

Filezillaをひらく

ダウンロードして、filezillaを開くとこんな感じ。

 

上の空白部分に入力していきます。

シャッターストックのコントリビューターページへ

コントリビューターのページの”画像アップロード”をクリック。

”詳細はこちらをご覧ください”をクリック。

真ん中の”FTPを接続”のところに、

 

ホスト名:ftp.shutterstock.com

 

ユーザー名:ご自分の登録したメールアドレス

 

が表示されているはず。パスワードは、シャッターストック登録時に入力したものと同じものを使用。

 

 

 

 

情報入力1 (クイック接続)

上記のところに入力し、”クイック接続”。これで完了しました。

 

 

 

真ん中の段の右側に”release”と書かれたフォルダが出てきたら成功です。

 

 

 

情報入力2 (サイトマネージャー)

一度filezillaを閉じると、先ほど入力した情報が消えている。

 

また入力するのも手間なので、”ファイル”の下にあるアイコンをクリックして”サイトマネージャー”を開く。

 

 

 

ここに情報が残っているはず。

 

なので、そのままデーターが残っていれば”接続”をクリックして、アップロードが開始できる。

 

もし情報が入っていなかったら、左下の”新しいサイト”をクリックして、ホスト名などを入力してください。

 

 

シャッターストックを確認

ちゃんとアップロードできていれば、”画像をアップロード”の下にある”まだ寄稿されていません”にアップロードした枚数が表示されているはず。

 

ここをクリックするっと、アップロード画面になる。

 

 

 

 

アップロードしたい画像にチェックを入れて、タイトルやキーワードを入れて、”送信”をクリックして完了!

 

 

 

最後に

登録して始めたばかりの頃は、あまり売れなくてモチベーションが続きませんでしたが、今では毎日売れるようになってきて、時には1枚の写真が40ドルで売れる日もあります。

 

折角旅をしてきれいな景色を見ているのだから、写真もいっぱい撮りたいし、ついでにお金になると嬉しい。

 

継続は力なりです。

ここに見出しテキストを追加

広告

Ai
  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

     JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

      東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はメキシコのオアハカに滞在中。スペイン語習ったり、写真撮りに行ったり。

     フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつノマドっぽいことしてます。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・オアハカのアートを探る旅

    ・南米を旅する

    アート好きな方や、写真撮ってる方、ブロガーの人などと繋がりたいです。
    お気軽にツイッターかFBでメッセージ下さい。