シェラの温泉への行き方と、サンペドロララグーナからシェラへ【グアテマラ】

居心地の良かったサンペドロを出発し、いよいよグアテマラ第二の都市ケツァルテナンゴ(通称シェラ)へ!

中米グアテマラのもう一つの目玉と言っても過言ではない!サンペドロからシェラへの行き方と、シェラから温泉への行き方など。

元々シェラでは、スペイン語の学校に通えたらいいなと思っていたのだけど、なんせ寒い。

余りにも寒すぎて、3泊でギブアップだった。それでも、2日間も温泉に通って、久しぶりの浴槽を堪能できた。

温泉と言っても、日本らしいザ・温泉という感じはない。

どっちかというと、古い家のお風呂に入れてもらう。みたいな雰囲気で、今回行ったところは露天風呂でもなく、ただの部屋。

それでも、やっぱり久しぶりのお風呂は大変気持ちが良い。

ローカルバスでのサンペドロからシェラまでの行き方 / How to get to Xela from San Pedro in local way?

San Pedro la Laguna, Guatemala

いよいろサンペドロ出発の日。

いつもバスが来ている道に出て、交通整理のお姉さんに

「シェラ行きのバスはどこから出てる?」

と聞くと、今は道が工事中で、一旦パナハッチェルにボートで行ってからでないと行けないそうだ。

まさかの事態。という事は、ほぼ隔離状態?

まずはサンペドロララグーナからパナハッチェルへ向かう

仕方ないので、バスは諦めてボートに乗ってパナハッチェルへ向かう(Q25)。

パナハッチェルからチキンバスに乗り込んでソロラ(Solola)に向かう(Q3)。

ソロラで乗り換える

ソロラでまた乗り換えをして、シェラに行きたいならまずはロス・エンクエントロス(Los Encuentros)へ行けと言われる。

何回乗り換えればいいんだ~。荷物がなければ楽だけど、いちいち積み下ろしをしなければいけない。

しかも、バスの屋根の上。

人がはしごによじ登って、よいしょーとかなり雑にバックパックを積んでくれる。

そしてまたロス・エンクエントロスで乗り換えて、やっとシェラに向かうバスが捕まえられる。

刻みまくって、若干遠回りもして、遂にシェラに到着。

いよいよお待ちかねの温泉へ!温泉へのシェラからの行き方 / Hot spring!!

昔々は病院だった場所が残っている

Xela, Guatemala

シェラのバスターミナルからZunil(スニル)行きのバスに乗って、Almoronga(アルモロンガ)という村を目指す。

村の奥にあるバニョスと呼ばれる場所で降ろしてもらう。スペイン語は、トイレも浴室も同じ言葉を使うので、なんだかちょっと変な感じがする。

そこに着いたら、3-4軒温泉宿または日帰り温泉施設が立ち並んでいる。

写真の場所は、昔は病院だった場所。廃墟っぽいけど、これも実はお風呂屋さんなのだ!!中も中々雰囲気のある場所。入ってみても誰もいなかった。

私たちが選んだお風呂屋さんはこちら

Xela, Guatemala

私たちが行ったのは、進行方向右側の2-3軒連なっている場所ではなくて、もう少し奥に行って左側にある施設に行った。

数軒見た感じ、一番綺麗だったからだ。

Xela, Guatemala

そこには、更にサウナも完備されていて、サウナはQ30で、普通のお風呂は1部屋Q20で入れてくれた。

サウナ:Q30

普通のお風呂一部屋:Q20

エリア一帯がお風呂屋さんだらけなのだ!

Xela, Guatemala

噂のバニョスはこのあたり一帯。何軒も連なって営業している。

私たちは、一軒一軒お風呂の場所を見せてもらって判断。多分、温度も少しづつ違うだろうし。

ここだよ!と降ろされたところのからすぐ見えるお店は、何となく全部ボロくて汚い感じがして、

「なんか、折角来たけど、どれも拍子抜けだな。。」

なんて失礼な事を思ってしまった。

でも、やっぱり日本の綺麗なお風呂と比べたらいけない。それでも、最後に見たところは一番良かった。

Zunil行きのバスはこの辺りから出発している(ガソリンスタンドのすぐ側)。

温泉まではチキンバスで片道Q3.5で、30分くらい。湯冷めするといけないので、より暖かめの恰好で行こう!

お風呂屋さんに行く時の注意点

Xela, Guatemala

アルモロンガはものすっごい田舎。田んぼ風景の広がる、のんびりとした集落といった感じ。ここに突然お風呂屋さんが現れる。

行く前に覚えておいてほしいのが、

  • 風呂上がりに身体を冷やさないようにしっかり防寒対策を
  • 時間制限がある
  • タオルは自前で持っていく
  • なんでもやってもらえると思っていたら大間違えだった

日本とは違うので、自分でお湯も張らないといけないし、タオルもないので持っていくべき。そして、やっぱり冷えるので、お風呂に入ってからしっかりと着込んで町に帰ろう。風邪ひいたら大変なのでね。

 シェラで泊まった出来たばかりのホステル / Hostal in Xela

宿探しをしていて、見つけたお宿。

話を聞いてみたら、なんとオープンしたてだったそうで、なにもかもが新品だった。トイレにビニールまでかかっている!

そして、宿の人がとてもとてもいい人たちで、いつもニコニコして朝にはホットチョコレートを作ってくれて、帰ってきてからもまたホットチョコレートを振舞ってくれる。

残念ながらまだwifiがなかったのが玉に傷だけれど、数週間のうちに設置されるそうだ。

1部屋: Q120
トイレ・シャワー付き。キッチンも使える。

活気のないシェラのメルカド

Xela, Guatemala

ここは、今まで行った中で一番活気のないマーケットだった。

合計3回も行って、時間帯も変えてみたけど結果同じ。そして、オープンが8時とメルカドの割りに遅いし、オープンの時間もかなり閑散としていた。

行った時期が悪かったのかな?

最後に

シェラは、予想以上に寒い!

し、あまり見たいものも見つからなかった。

ただ、かなり大きな都会なので住むには便利かもしれない。寒さに負けて3泊以上はできずに、次の町トドス・サントス・クチュマタンへ。

ここでの最大の目的は温泉を楽しむ事だったので、それは大満足に達成できました!

シェラに行ったらぜひ温泉は楽しむべし。

グアテマラのブログ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です