[ラオス/ビエンチャン]ディープなおすすめスポット集

ビエンチャンについてから、しばらくはこのビエンチャンがラオスの首都であることに全く気がつかなかった。それくらい、小規模な街。自転車で十分うろうろ出来るし、ダウンタウンはぎゅっと凝縮されていて、ローカルマーケットも、 銀行も、ナイトマーケットも、主要な観光地やお寺も、すべてが目と鼻の先。

 

そんな規模感もとても気に入った町。ダウンタウンの中は、がやがや賑わっているが、少し外に出るととても静かで、宿泊していたAirbnbの宿もとても雰囲気が良く、2度にわたり宿泊の延長申請をしたぐらい。

 

すでに、ビエンチャンにあるおすすめの観光スポットの記事をいくつか書いたので、今までのまとめ記事とナイトマーケットについて触れる。

広告

ラオスの首都ビエンチャン

タイとの国境もすぐそこで、ラオスで一番大きい都市でもあり首都でもあるヴィエンチャン。

1563年に、ビルマの巨大勢力からの侵入を阻止するため、ビエンチャンに首都が作られた。

2016年には、人口が82万人。タートルアンなどの歴史的な建造物も多く残り、主要なラオスの観光都市でもある。

ビエンチャンの名前の由来

 

”月の町”という意味があり、また”サンダルウッドの町”という説もある。 サンスクリット語の月と、サンダルウッドは”チャン(chan)”とほぼ同じ書き方と、ほぼ同じ発音の仕方をするので、真相は分かっていない。音だけが残って、それがビエンチャンという街の名前になった。

広告

ビエンチャンに来たら必ず訪れたいスポットはこちら

ダウンタウンから近くて、歴史を感じられる場所

ラオスのビエンチャンに、凱旋門がある。”パトゥーサイモニュメント”

メインの通りに堂々と立つ、パトゥーサイモニュメント。ビエンチャンに行けば、いやでも一度や二度は見ることになると思います。
そんなパトゥーサイモニュメントの歴史いや背景の裏話が面白かったので、ここで記事にしました。

ラオスの負の遺産が学べる

ベトナム戦争で多大な被害を受けたラオス。1964年から1979年にかけて、ベトナム戦争の中でアメリカがラオスに落とした爆弾の数は、2百万トン を超えるとも言われています。戦争のことや、クラスター爆弾で手や足を失った人のための非営利団体が運営する、ビエンチャンのコープビジターセンターに訪問。

名所中の名所といえばここ

ビエンチャンでおそらくナンバーワンの観光スポットである、タートルアンというゴールデンに光り輝く巨大な仏塔。金箔が周りに貼られているので、とても綺麗です。毎年ルナ歴の11個目(他情報では12個目)の月である月の、満月の15日に国内を上げてフェスティバルが行われる。タートルワンの前に一人の人間の銅像が飾られている。彼の名前はセーターティラート王(King Xaysetthathirath)。 1534年に生まれ、 ラオスの歴史の中で重要な王の一人。そんなラオスの歴史や文化が感じられるタートルアンのお話。

怪しげなアミューズメントパーク

お寺好きの人と言うよりは、不思議なもの奇妙な物が好きな人にオススメなラオスのビエンチャンのブッダパーク。名前からしてちょっと不思議じゃないですか。その名の通り、仏像が数100体あって、仏像以外にも少し気持ち悪い感じの、人の像なんかも大量にあった。ビエンチャンからの行き方も。

ビエンチャンのナイトマーケットが楽しい  Night Market

滞在中に何度も足を運んだのが、ナイトマーケット。丁度イベントも開催されていたこともあって、人とお店で大変な賑わいだった。

宿からも近かったし、すぐ向こう側にはメコン川とタイも見えて、夕日を見がてら散歩しつつ、屋台でローカル飯を食べる。というのが、とても良かった。

 

最後らへんにマーケットの映像が出ます。

ビエンチャンの宿情報 Where I stayed in vientiane

このAirbnbで見つけた、日本人のオーナーさんのお家。

 

 6部屋くらいあるみたいだったけど、私が泊まっていた時はフランス人の英語を教えるボランティアをしに来た女性と、黒人の女性が1泊だけ。

 

 バスタブもあって、スタッフの方が毎日掃除もしてくれていてとても清潔でした。自転車も無料で貸し出ししてくれました。助かる~

 

 あと、オーナーさんに直接お会いすることはなかったけど、近くのおすすめのお店など丁寧に教えて下さって、さすがスーパーホスト!

 大変おすすめです。

宿の検索 ラオス・ビエンチャン

Booking.com

バスや飛行機などの移動検索

Powered by 12Go Asia system

My kindle books are on sale!

CUBA

時が止まったようなキューバ。それもそのはずで、アメリカとの国交が回復したのが2015年。物資がなく、まさに鎖国状態だったといっても過言でないこの不思議な国。一筋縄ではいかなかったキューバ旅の毎日を日記形式で書いてます。

mexico.01

カナダからカンクンへ降り立つ。ユカタンやキンタナローの海で遊んで、マヤ遺跡を巡る旅。バックパッカーで、本を書いているフランス人のニコとの出会いと別れ。

taiwan

台湾をぐるりとほぼ一周。台北からスタートして、時計回りに台南まで。沢山のお寺や、夜市を見て周った。2019年の新年も迎えたが、先住民の多く住む片田舎でどうしても動けず足止めをくらったり。

  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

    JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

    東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はアメリカのロサンゼルスに滞在中。

    フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつ。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・メキシコでゲストハウススタート

    ・南米を旅する

    ご質問などお気軽にどうぞ。