LightroomからInstagramに一気にアップする方法/プラグインの導入【使える写真編集術】

先月帰国して、旅が一旦終わったので何を書こうか考えた。

 

旅のことについて書いてきたわけだけども、写真とか私の大好きな編集とかについても少しずつ書いていこうかな~と。写真好きな人は多いし、お互い情報共有できたら。

 

今回は、写真をやっている人はかなりの確率で使っているであろうAdobe社から出ているLightroom様を使ってのインスタアップ術!このソフトを導入してから、写真編集がめちゃくちゃ楽しくなったし、整理も楽だし、そのまま現像もできるし、なんて便利なツールなんでしょう。

 

インスタアップ用のプラグインを入れて、直接アップロードするやり方を紹介します。Lightroomは入っているの前提です。

1. プラグインのダウンロード

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

まず無料のプラグインがあるので、それをダウンロード。

 

こちらから
https://www.lrinstagram.com/

 

下にスクロールしていくと画像のような画面が出てくるので、”DOWNLOAD HERE“をクリック。そうすると勝手にzipfileがダウンロードされるはず。

2. ダウンロードされたzipfileを開いて普通のファイルに

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

zipfileのままだと読み込んでくれないので、ファイルをクリックして開く。

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

開くとこんな感じ。

 

この丸のフォルダが大切なので、これを適当な場所に保存しておく。この時に必ずzipfileの外にいることが大切。

 

私はwindows10を使っていて、ダウンロードされた場所の中にsetup様のフォルダを作って、その中にphotoshopとlightroomを分けて入れている。まあ、その辺はお好きに。

 

 

3. Lightroomを開く

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

ライブラリを開いて、左下にある公開サービスの横にある+マークをクリック。

 

公開マネージャーに移動”を選択。

 

4. プラグインの導入

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

”公開マネージャーに移動”を開くと、こんな画面に。

 

左下の”プラグインマネージャー”をクリック。

 

5. ダウンロードしたファイルを選択

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

追加”を選択すると、ファイル選択画面が出てくる。先ほど保存したプラグインのファイルを選択して、ここに読み込ませる。

ファイルを選んで、”フォルダの選択”をクリック。

 

 

6. 完了をクリック

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

いろいろ書いてあるけど、これが便利だと思ったら10ドルの投げ銭よろしく!的なことが書いてある。

 

 

7. インスタにログイン

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

公開サービスの中に、LR/Instagramが追加されているはず。それをクリックすると、右の画面が出てくる。

 

説明はなんでもいいけど、わかりやすいように”Instagram”とか入れておく。これは自由。いくつかインスタのアカウントを持っている人はインスタ1とインスタ2とか分ければ後で見て分かりやすいのでは。Lightroom上で反映されるフォルダ名みたいなもの。

 

下の”Instagram Account”に自分の使っているインスタグラムのメールアドレスかID名と、下にパスワードを入力。そしてログインをクリック。

 

 

8. もうちょっと!

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

IDとパスワードがあっていれば、無事に自分のプロフィール写真と名前が表示されていることだろう。

 

“Preferences”は好みに設定できる。

 

“Upload Limit”は一気にアップロードできる写真の数。

 

“When removing photos, do not delete from Instagram”はいまいちよくわからない機能だけど、Lightroomで写真を削除しても、インスタグラムから消えないようにする。って事だと思う。やってみたことないのでわかりません。

 

“Force padding to square”はチェックを入れれば勝手に四角く切ってくれる機能かと。これも分からないけど、資格が好きな方はお試しください。私は使ってません。

 

“Padding border color”は余白の色。

 

“Instagram Caption”はアップロードしたときの説明文。noneだと何もなし。アップロードした後、スマホで説明文やらハッシュタグやらつけるならこれでいいかも。Titleはタイトルのみ。Captionは説明文のみ。#Hashtagはハッシュタグ。あとはそれらをどう組み合わせるかを選べるんだけど、いまいちうまく反映されなかったので、私はCaptionだけ入れている。

 

”シャープ出力”は使ってません。

 

“透かし”は、自分のロゴを入れてます。設定簡単なので、ロゴのデータがあったり、ブランド名がある方は入れてみてください。

 

すべて設定し終わったら”保存”をクリック。 これで終了!!!

 

 

9. アップしてみよう!

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

編集が終わった写真をLR/Instagramのフォルダへドラッグする。

 

すぐアップしたいときは、右クリックをして”今すぐ公開”を選択すればすぐ公開してくれるし、右上の”公開”ボタンを押しても同じこと。

 

説明文を入れない人は、、、

 

 

10. 文章を入れてアップしてみよう!

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

先ほど設定したように、文章も入れ込める。

 

メタデータの中の左側に”初期設定”とされているタブをクリックすると”LR-Instagram”という欄が出てくるはずなので、それを選択。

 

 

ライトルームからインスタグラムにアップロードする方法

説明の中に好きな文章を入れてみる。

 

ハッシュタグはくっついて反映されてしまって、私の好みではなかったので使っていない。メタデータを入れてから公開すると、ちゃんと反映されているはず。説明を入れてたい場合は、先に説明文を入れてから”公開”して下さい。

 

以上!

写真系のブログ記事