モントリオールに来たら必ず訪れたい、ローマ法王も泊まったマリア大聖堂

モントリオールの素晴らしい教会の中で、トップも争えるマリア大聖堂。

ローマ法王も泊まったこともあるというくらい、ちゃんとした(失礼!)教会なわけ。

 

教会巡りも好きな私的には、見逃せないスポット。巨大で、装飾も素晴らしいので、モントリオールに来たら必ず訪れて下さい。

広告

モントリオールのマリア大聖堂は、実はレプリカ

建築がとても見事で、イタリアのルネッサンス様式の建築。


かの有名な、ローマのサンピエトロ大聖堂の4分の1の大きさのレプリカで、1870年から建築が始まり、一度1878年に一旦終了?そしてまた1885年に建築を開始し、最終的に完成したのが1894年と、実に24年間もの歳月がかかっていた。

マリア大聖堂の中に入ってみると inside the church

Mary Queen of the World Cathedral. 中の様子。

ai nishinoさん(@indigoai1019)がシェアした投稿 -

オールドモントリオールのノートルダム大聖堂と同じ建築家Victor Bourgeauがインテリアなどを手掛けた。


外見はサンピエトロを模して作られたが、内装は全く違う。白とゴールドを基調に彩られた木製でアーチ型の格天井。らせん型の支柱もまた美しい。

 

中の絵画もとても美しいものばかりで、一番初めにこの教会でミサを行った日や、戦争の様子や、有名な歴史に名を残したモントリオールやケベックの人の絵画などが残っていて、背景を知ってから鑑賞するとより興味深い。

マリア大聖堂の歴史 History

初めの石が置かれ、建築が始まったのが1870年8月28日。資金がなくなるごとに、建築を取りやめなければいけなくなり、完成までに苦難の年月を過ごした。

 

1878年になっても、4本の柱はできていたが、建物の覆いはまだできていなく、ドーム型の屋根ももちろんできていない状態だった。

 

大きな2つのイベントが初めの時期にあった。ひとつは1875-1876年に遭遇した大きな資金の危機。そして1876年5月11日に一度建築を途中で諦めてしまった。

 

7年間もの間放りっぱなしにされていた工事。そのあいだ、司教だったBishop Bourgetは高齢だった事と、健康状態があまり良くなかったものの、なんとか資金を調達しに、いろんな小さな教会にお願いに周った。その回数は150にもなったそうだ。そして、彼は1885年6月8日に死去。

 

彼の御遺体は、大聖堂に安置された。


彼の死後5年後に、大聖堂の工事が再開されることとなる。

 

資金繰りが苦しい中、モントリオールの厳しい冬の大雪と氷を避ける為に、工事を急ピッチで進める必要があった。当時大聖堂の代官であったCanon Racicotなどがバザーを開いて1886年に$27,000集まった。

 

1886年にようやくドームが完成。同年8月、精巧に作られた鉄製の5m、725kgを越える十字架がドームの上に掲げられた。

MEMO

Web: http://www.diocesemontreal.org/blogues/cathedralecatholiquedemontreal/(フランス語のみ)

 

Address: 1085, rue de la Cathedrale

Phone: 514-866-1661

 

Hours: 
月~金/6:30am~7pm, 
土曜/7am~8:30pm,
日曜/7am~7:30pm

 

ミサ
土曜/7:30am, 12:10pm, 5pm, 
日曜/9:30am, 11am,  12:15pm, 5pm, 
月~金/7:30am, 12:10pm, 5pm

 

Fee:入場無料

広告

Ai
  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

     JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

      東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はメキシコのオアハカに滞在中。スペイン語習ったり、写真撮りに行ったり。

     フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつノマドっぽいことしてます。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・オアハカのアートを探る旅

    ・南米を旅する

    アート好きな方や、写真撮ってる方、ブロガーの人などと繋がりたいです。
    お気軽にツイッターかFBでメッセージ下さい。

コメントを残す