【ラオスの凱旋門】パトゥーサイモニュメントの裏話

ラオスのビエンチャンに、凱旋門があるのをご存知でしょうか?凱旋門といえばフランスのパリですが、ラオスにも凱旋門”パトゥーサイモニュメント”があった。

 

私も全く知らずに、駅から宿に向かっている途中で突然現れた巨大な門。あまりに突然でびっくりだった。

メインの通りに堂々と立つ、パトゥーサイモニュメント。ビエンチャンに行けば、いやでも一度や二度は見ることになると思います。

 

そんなパトゥーサイモニュメントの歴史いや背景の裏話が面白かったので、ここで記事にしました。

広告

パトゥーサイモニュメント×数字

建物の高さは、55m。 幅は24mあり、遠くの方からでも存在感ばっちり。

 

”パトゥーサイモニュメント”別の名を、Anosavari Monumentとも呼ばれる。

 

アメリカの出資もあり、ラオスの波乱の時代だった1957年に建設が開始され、完成は1968年と実に11年もの月日がかけられて建設された。

なぜこんなに長期間かかったのか?それはやはりお金の問題。海外ではよくある話ですが、資金が途中でなくなり、工事が一旦停止になることは多い。何度も一旦停止になりながらも、1968年にようやく完成したというわけ。

なぜアメリカが、出資?その裏側

1950年代にアメリカがファンドを立ち上げて、更にたくさんのコンクリートを寄付したのは、ビエンチャンの新しい空港を作るためだった。

それはベトナム戦争中にアメリカの基地を作って、 戦いを円滑にしようという目論見があったと考えられる。こんな時代に、理由もなくただで寄付をするような国じゃない。

 

しかしラオスは、コンクリートなどが届く前にモニュメントを建設することを決めており、空港を作るよりもこのパトゥーサイモニュメントを作ることを優先した結果、この凱旋門が出来上がった。

この話から、 現地の人には時折”vertical runway”(縦の滑走路)とも呼ばれるそう。 皮肉も込められてる。

広告

パトゥーサイモニュメントの意味と名前

ラオスビエンチャンにあるパトゥーサイモニュメント

 

このパトゥーサイモニュメントは、第二次世界対戦で亡くなられた兵士たちのために建設された。更に、もう一つの理由は1949年にフランスから独立したことを祝ってのこの二つの理由がありました。

 

パトゥーサイという名前の意味は、サンスクリット語で勝利のゲート(凱旋門)という意味で、”パトゥ”がドア 、”サイ”が勝利。

建築

ラオスビエンチャンにあるパトゥーサイモニュメントとお坊さん

ラオス人の建築家Tham Sayasthsenaによってデザインされた。

 

モニュメントは、5つのタワーで形作られている。 これは仏教の五つの原理原則を表していて、 ”深い慈悲、柔軟性、誠実さ、尊敬の念、そして繁栄”。

 

4方向に出入り口があり、一方には噴水が設置されている。噴水にも意味があり、勇敢に戦った戦士たちへの敬意を込めて作られたそうだ。音楽とともに水が踊り、夕方の時間はたくさんの人が集まり写真撮影をしていました。この噴水は中国の寄付によって作られた。

モニュメントの中と装飾

ラオスビエンチャンにあるパトゥーサイモニュメントの内装

パトゥーサイモニュメントの内部は、7つの階層に分かれており、 建物の上からはビエンチャンの街並みの景色が楽しめるようになっている。

 

下の階から見れる、モニュメントの天井の装飾にも注目してもらいたい。

 

天井を見上げると神話に出てくる動物で、装飾が施されていてラオスらしい芸術が感じられる。

キンナリと呼ばれる半分女性で、半分鳥の動物。蛇の神様ナーガ。これらはラオスを象徴する仏教の神様である。蓮の葉のモチーフなども。

他にもヴィシュヌ神や、ブラフマー神、インドラ神、三つの頭を持つ白い象の神様アイラヴァータ神などと言ったヒンドゥー教やの神様のモチーフで飾られている。

おすすめの写真撮影スポット

ラオスビエンチャンにあるパトゥーサイモニュメントのライトアップ

時間を変えて2度パトゥーサイモニュメントに足を運びました。 夕方の時間は、人がたくさん集まりジュースを売っていたり、軽食を売る車が現れたりしてゆっくりとできます。

 

パトゥーサイモニュメントの目の前にある、噴水から夕日の時間に写真を撮るととても綺麗に写真を撮ることができました。ライトアップもとても素敵。

 

期間限定だったかもしれませんが、モニュメントの近くに陶器のお皿やカップで作られた象の置物もあって、それもなかなか見もの。

入場料・時間・場所

入場料:無料

モニュメントの建物の上に行く場合:3,000kip (タイバーツ、USドルでも支払い可)

 

時間:月曜~金曜 8:00~16:30、土曜・日曜 8:00~17:00

Where I stayed in vientiane

このAirbnbで見つけた、日本人のオーナーさんのお家。

 

 6部屋くらいあるみたいだったけど、私が泊まっていた時はフランス人の英語を教えるボランティアをしに来た女性と、黒人の女性が1泊だけ。

 

 バスタブもあって、スタッフの方が毎日掃除もしてくれていてとても清潔でした。自転車も無料で貸し出ししてくれました。助かる~

 

 あと、オーナーさんに直接お会いすることはなかったけど、近くのおすすめのお店など丁寧に教えて下さって、さすがスーパーホスト!

 大変おすすめです。

宿の検索 ラオス・ビエンチャン

Booking.com

バスや飛行機などの移動検索

Powered by 12Go Asia system
Ai
  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

     JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

      東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はメキシコのオアハカに滞在中。スペイン語習ったり、写真撮りに行ったり。

     フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつノマドっぽいことしてます。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・オアハカのアートを探る旅

    ・南米を旅する

    アート好きな方や、写真撮ってる方、ブロガーの人などと繋がりたいです。
    お気軽にツイッターかFBでメッセージ下さい。