【超簡単】写真から簡単に一瞬で文字起こしをする方法・そして翻訳まで

PDF や写真から、文字を起こす画期的な方法があるので、ここで大公開します。使うのは Google ドライブのみ。

 

Google のアカウントはほとんどの人が持っているはず。Googleドライブを使わない人も少ないはず!

もし使ったことがなければこの機会に、一度使ってみては?データのシェアも簡単にできるので、リモートワークでも使える。

 

 

本題から逸れてしまったが、ここから Google ドライブと、Google ドキュメントを使っての写真からの文字起こし方法を説明。

 

別の言語でも対応可能でき、翻訳機能もあり。なので、今回は英語の資料を使います。

 

動画での説明はこちら

広告

写真の文字をテキスト化する方法

1.写真を Google ドライブにアップロード

写真の文字をテキスト化する方法

まずは文字起こしをしたいデータ(写真データや、 PDF データ) データを Google ドライブにアップロード。アップロードも簡単で、ドラッグするだけ。

写真の文字をテキスト化する方法

データをドラッグするとこんな画面が出て、この時点でドロップする。

2.アップロードした写真を右クリックして Google ドキュメントで開く

写真の文字をテキスト化する方法

アップロード完了の文字がでれば成功。

 

アップロードができたら、先ほどのデータが画面に出てくるはず。そのデータの上にカーソルを持って行き、右クリック。そして、 ”アプリで開く”から Google ドキュメントを選択。

 

はい!たったこれだけで、自動的に写真から文字を読み取ってくれます。サルでもできそう。100%完璧な文字起こしではないが、ほぼほぼ使えるレベルのものかと思います。

写真の文字をテキスト化する方法

読み込むのに少し時間がかかる。

写真の文字をテキスト化する方法

タララ~ン

文字がでてきたはず!

こういう時に使える!

例えば美術館や、博物館に行った時に大量の説明書がある。小さな場所ならともかく、膨大な量の情報を一気に読まないといけない。私の場合ブログも書いているので、なるべく読むようにはしているが、なかなか全て読むのは厳しい。

 

日本語ならまだしも、英語だったりスペイン語だったり。

 

外国に行って、説明書が分からなくて残念だった経験はありません?私はいつも 「何て書いてあるかわかればいいのにな」と思っていた。

 

しかし、これで解決! 私はブログを書いたり、記事を書いたりしているので、説明書などの写真を撮っておいて後ほど見返すことができるので、とても役立つ。

広告

そのまま翻訳もできちゃう

翻訳アドオン

cromeで使ってください。

このアドオンも使えば、先ほど文字起こしをした文字をすぐさま翻訳することも可能。一瞬でできちゃうのがすごい。上のリンクからすぐにインストールが可能。方法は、

1.翻訳したい文章を選択

写真の文字をテキスト化して翻訳する方法

まずは翻訳したい文章をすべて選択。

2. ツールバーのアドオンを使う

写真の文字をテキスト化して翻訳する方法

ツールバーにあるアドオンをクリック。 そうすると、下にTrancelateという文字が出てくるのでカーソルを合わせてStartをクリック。

3.右側に小さな窓が出てくる

写真の文字をテキスト化して翻訳する方法

右側に出てきたタブに、翻訳したい文章の言語と、 翻訳後に表示して欲しい言語を選択。そしてTranslateをクリック。

写真の文字をテキスト化して翻訳する方法

Trancelateの横にあるInsertをクリックすれば、本文中に挿入することも可能。

写真の文字をテキスト化して翻訳する方法

できた~!

Ai
  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

     JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

      東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はメキシコのオアハカに滞在中。スペイン語習ったり、写真撮りに行ったり。

     フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつノマドっぽいことしてます。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・オアハカのアートを探る旅

    ・南米を旅する

    アート好きな方や、写真撮ってる方、ブロガーの人などと繋がりたいです。
    お気軽にツイッターかFBでメッセージ下さい。