Photoshop CC 2019を英語化してみる!と英語にしたらチェック必須のおすすめのフォトグラファーYOUTUBEチャンネル

日本語の設定の方がやりやすい人も多いかとは思いますが、私としては英語の方がいい。

 

なぜか?

 

教材として使っているYOUTUBE動画は英語ソースのものの方がクオリティが高い。おしゃれだし、情報量が多い。

 

これに尽きます。私のおすすめするフォトグラファーたちのチャンネルはこちら

広告

この眉毛の繋がった顔の濃ゆいお兄さん!

 

軽快なトークと、的確で分かりやすい話し方で分かりやすい。

 

何よりも、コンテンツの質が高い。本当にPhotoshopやLightroomを知り尽くしているっていう感じが伝わってくる。

 

 

 

アンダーグラウンドなにおいのする感じ。

 

動画編集のレクチャーとかもあるし、意外な方法を使って撮影してたりしてるのが見ていて飽きない。

 

最近は他のYoutuberフォトグラファーとのコラボなんかも多くて、これからの活動にも期待。

 

 

旅人であり、超パワフル!

 

世界中を旅しながらフォトグラファーとして、ユーチューバーとして情報を発信し続けている。ライフスタイルも人自体にも興味を持てる一人。

 

 

そして、結構英語が速いけど聞き取りやすいのでリスニングにもおすすめ。

 

 

 

独自の角度で面白おかしい動画を配信してくれている。

 

 

言語設定を英語にする

さて、本題に入ってPhotoshopを英語化しましょう!

 

ここからスタート~。

 

 

 

1. Local Disk (C;)

フォトショップ 英語 言語

コンピューターからローカルディスクを選択

 

 

2. Program Files

プログラムファイルを選択

 

 

 

3. Adobe

アドビのフォルダを選択

 

 

 

4. Adobe Photoshop CC 2019

フォトショップ2019を選択

 

 

 

5. Locales

ローカルを選択

 

 

 

6. ja_JP

日本語のファイルがあるはずなので、このフォルダを選択

 

 

 

7. Support Files

サポートファイルのフォルダを選択

 

 

8. Rename

tw10428_Photoshop_ja_JP.datというファイルの名前を変更する。適当に付け加える。今回は最後に.oldと書き換えた。

9. YES!

ファイル名を変更すると使えなくなっちゃうかもよーという警告が出るけど、”はい”を選択。

10. Continue!

もう一回警告が出るけど、これも”続ける”を選択する。

これで英語環境になっているはず。日本語に戻したい場合は、先ほどファイル名を変えたものを元に戻せばまた復元できます。

 

以上です!簡単でしたか?

Photoshop関係の記事リンク

!news!

2作目のキンドル本を出版できました~!!今回は、キューバ旅の模様。時が止まったようなキューバ。それもそのはずで、アメリカとの国交が回復したのが2015年。物資がなく、まさに鎖国状態だったといっても過言でないこの不思議な国。一筋縄ではいかなかったキューバ旅の毎日を日記形式で書いてます。

広告

Ai
  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

     JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

      東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はメキシコのオアハカに滞在中。スペイン語習ったり、写真撮りに行ったり。

     フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつノマドっぽいことしてます。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・オアハカのアートを探る旅

    ・南米を旅する

    アート好きな方や、写真撮ってる方、ブロガーの人などと繋がりたいです。
    お気軽にツイッターかFBでメッセージ下さい。