ケベックシティ見どころの一つ!要塞シタデルで、行進を。

カナダのケベック州、ケベックシティの中のオールドケベックの中にある要塞。北アメリカで最大級の大きさを誇る。


ケベックシティの中で一番高い場所にあるため、見晴らしも良い。

 

年間200,000人もの観光客が訪れる、ケベックシティの名所とも言える場所。

 

シタデルは1980年にカナダの歴史文化遺産に登録され、それから5年後の1985年にユネスコの世界遺産に登録された。

戦争の歴史

Quebecbatteries.jpg
By cmhg.gc.ca - Transferred from en.wikipedia to Commons. - newbostonhistoricalsociety.com - minerdescent.com, Public Domain, Link

初めにこのシタデルが使われていたのは、イギリス軍の駐屯地だった。

 

1920年からは、カナダの軍のものになっていて、フランス語が使われている。

 

今でもイギリス式の恰好の兵隊さんがいるので、なんだかフランスとイギリスがミックスされて不思議な感じ。

建築がかっこいい

La Citadelle de Québec, vue du ciel.JPG
By Musée Royal 22e Régiment - Caporal David Robert, Public Domain, Link

上から見ると、実は星型に城壁が作られている。これは、フランス人のSebastien Le Prestre Vaubanがデザインしたもの。

 

1820年から1850年にかけて建設され、付けられた愛称が”Gibraltar of America(難攻不落の砦)”というから、要塞としてはかなりの威力だったに違いない。

けっこう厳しい

軍の施設だからか、観光客に開放している割りに、厳しい。勝手に好きなところに行けず、中を周る場合は必ずガイドと、他の数十名の観光客と共に行動。

 

時間は割と設けられてるけど、自分のペースで見れないので、少し気を遣う。

 

 

シーズン中に行われるセレモニーを観てきた

6月24日からレイバーディ(9月の初めの月曜)朝10時まで毎日行われるセレモニー。

 

元々は1928年から始まったものが今では伝統として受け継がれているもので、見張り役の交代の際に行われていたセレモニーだそう。

 

ただ、1939年から1945年の戦争中は行われていなかった。

 

イギリス伝統の制服に身を包み、音楽隊とともに行進が見れる。マスコットキャラクターのやぎが出てきて少し驚いた。

 

 

ケベックシタデルの詳細

Website :
 http://www.lacitadelle.qc.ca/en/

 

Hours :

5月~10月 9am~5pm
11月~4月 10am~4pm
お休み 12月25日~1月1日

 

Fee :

大人$16
シニア、学生$14
11-17歳$6
10歳以下は無料

広告

Ai
  • Ai
  • 【構成要素】

    旅と写真とブログでできている。

     JICAの青年海外協力隊として、東アフリカのタンザニアに行ったのが最初の海外生活。

      東南アジア、北米・中米など一人旅して、今はメキシコのオアハカに滞在中。スペイン語習ったり、写真撮りに行ったり。

     フォトストックサイトで写真を販売したり、翻訳やライターのお仕事もしつつノマドっぽいことしてます。

    【今後の展望】

    ・メキシコ移住実現

    ・オアハカのアートを探る旅

    ・南米を旅する

    アート好きな方や、写真撮ってる方、ブロガーの人などと繋がりたいです。
    お気軽にツイッターかFBでメッセージ下さい。

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です