Surface Laptopを使いだして1年以上が経ったのでレビュー【軽くてかっこいいけど】

前回日本に来て帰国したときに、ラップトップを新調しました。今回新たに旅のアイテムに加わったのが、

Surface Laptop!!

以前使っていたのは、性能はとても良くて気に入っていたのですが、バックパッカーをするにはかなり重かった。

バックパックからパソコンを出すごとに、

「そんな大きなラップトップ持ってるの!?」

 といろんな人に聞かれた。私の体が小さいので、余計に大きく見えたのかもしれない。

ものは少なく、小さく、軽く!!

が、バックパック旅行をする上でとても重要なので、結果的に軽くて性能の良いラップトップをゲットできたので、とてもハッピーですが、使いだして半年ほど経つので、ここでバックパッカー視点でのレビュー。

Surface Laptopはこれ!今はSurface Laptop3が出ているけど、一番初期のタイプ。

私のSurface Laptopのスペックはこちら

サーフェスラップトップのオリジナルカバー

ディスプレイ

13.5インチ・解像度2256×1504

タッチパネル

CPU

Core i5

メモリ

8GB 

ストレージSSD

256GB

オペレーティングシステム

Windows10 64ビット

重量

1.252kg (バッテリー込み)

サイズ

幅308.02mm×奥行223.2mm×高さ14.47mm

小さくて持ち運びが超楽になった

https://www.youtube.com/watch?v=Mrwe_zW_WA0

重さは全部で1.2キロほど。

サイズは、幅308.02mm×奥行223.2mm×高さ14.47mm

A4のノートとほぼ同じサイズ感。

小さなバックパックにもするっと収まるので、ちょっとカフェで作業したい時にも気軽に持ち運べるのが魅力。

いつも大きなテーブルがあるわけではないので、こじんまりした小さなカフェでも作業しやすいサイズ感。

ラップトップケースも、死者の日が近いこともあって、かわいい骸骨柄の生地を発見したので、自分で自作してみた。

ガイコツ柄のラップトップカバーとサーフェス
ガイコツ柄のラップトップカバー
ガイコツが躍る柄






柄も版画みたいに彫って作ってみた。

モノづくりしているアカウントはこちら。


Facebook


Twitter


Instagram

実はワタクシ元々の本業は、アパレル。

服飾の文化系の専門学校にも3年通ってました。モノづくりと旅をもっと絡めていきたいと思っている今日この頃。

フォローして下さると嬉しいです!!!

画面がめっちゃ綺麗で写真編集が楽しい

他のラップトップと比べて、サーフェスは画面がとても綺麗だと思う。

PhotoshopやLightroomを使っていても、色の発色が全然違う。

タッチパネル機能は付いているけれど、基本的に使っているのはペンタブで編集をしている。というのも、Photoshop でタッチパネル機能が使えない! 

設定の問題?

キーボードの触り心地が高級感あり

サーフェスラップトップのキーボードの汚れ

すぐに汚れないか心配だったけれど、毎日のように作業をしていてかなりハードに使っているが、まー少ししか汚れていないかな。

いや、角度を調節してちゃんと写真を撮ってみると、けっこう汚くなっている。このキーボードの素材には、アルカンターラと言う液体汚れに強いものが使われているそう。

お手入れの仕方も簡単。 

お手入れの方法を詳しくまとめていたブログがあったので、こちらを参照。

【Surface Pro・Laptop・GO】Microsoft直伝!汚れやすいアルカンターラ素材キーボードのお手入れ・汚れ落としまとめ。

今度綺麗にしなくては。(思っているだけで中々できない人。)

サーフェスラップトップのキーボードカバー

キーボードのカバーに使っているのがこれ。

使い心地はまあまあ。これ以外の選択肢がなかった。

ものすごく薄い素材だけど、キーボードをしっかり守ってくれている。

バッテリーの持ちがよい

14.5時間いけるらしい。

外で使う時は、バッテリーセーブモードもう使っていて、ほとんどバッテリーが減らないことが驚きだった。チャージャーを持って行かなくても、5-6時間は余裕で使えるので、チャージャーを持っていかないこともしばしば。 

ジャングル生活をしている時は、充電ができなかったので、めちゃくちゃ助かった。一日2-3時間使って(バッテリーセーブモード仕様)5日間くらいはいけたので、きっちり仕事の作業ができた。

ここからは、”ここ惜しい!!!”というポイント

USBポートが一つしかない(バッテリーのとこにもう一つある)

サーフェスラップトップのUSBポート

1番残念だと思うのは、USBのポートが1つしかなくて、マウス、ペンタブ、外付けハードディスクなどを一緒につなぎたいときには、別のUSBポートが必要になる。

以前のラップトップは4つほどUSBポートがあったので、余計に使いにくさを感じる。

次に新しいラップトップを買うときは、絶対に外せないポイントはUSBポートの数。最低でも3つは欲しい。

USBハブ

これがないと、なんもできん。

一個あると便利なUSBハブ

キーボードは少し打ちにくい

キーボードの音自体はとても静かだけれど、なんとなくキーボードが打ちにくい感じがする。

カバーをかけているからか?

どっちにしろ、最近はあまりキーボードでカタカタしなくなったので、そこまで気にならないのでいいんですが。(音声入力中心です。)

保証が謎

地元のエイデンで購入したのですが、サーフェスだけは特別で、保証がつかないと言われて、直接Microsoftにお金を払って保証をつけないといけないらしい。

国を転々とするので、保証をつけてもあまり意味がないと思って、結果的につけていません。壊れないことを祈るのみ。

参考:Surface の保証情報

と公式サイトにあるので、1年の保証は付いてくる様子だけど、エイデンのお兄さんは

「保証は付いてないので、自分で申し込む必要がある。」

と数回言っていた。

真相は謎のまま。

更に1年経った今の問題点

ちゃんと画面が閉じなくなった。これは大問題で、色々調査をしていると、購入する前に知りたかった情報が。

Surface laptop の天板がしっかり閉じないSurface laptop を使用後、天板を閉じたときにしっかり閉じずに跳ね返ってくる感じで天板が浮きます。 閉じて、手(指)を離すと・・・・ こんな感じで浮いてきます。 スリーブ等に入れて置いておくと閉じますが、それでも少し触っただけで跳ね上がるように浮きます。 ヒンジが緩んで途中からパタンと閉まってしまうよりは遙かにいいのですが、天板に何か乗せないとスリープできないので困っています。
Surface laptop の天板がしっかり閉じない answers.microsoft.com
Surface laptop の天板がしっかり閉じない

Surface Laptopを買おうとしている人には、要注意の項目。

閉じない原因は、

  • ヒンジが摩耗
  • バッテリーが盛り上がっている

などが考えられ、購入後1年が経っていると補償対象外で、3-5万円ほどの修理費がかかるとのこと。

1年ちょっとでこの品質はひどいと思うので、もうSurface製品を買うことはないかもしれません。動作などは素晴らしかったので、残念。

Surface Laptopを使ってみてのまとめ

サーフェスラップトップを使っている姿

USBポートが3つくらいあれば、個人的には超満点なんだけども、それだけが惜しいポイント。

デザインをスタイリッシュにするには、やっぱり機能性は損なわれるのは仕方のない事なのだろうか。

しかし、サイズ感や重さや、スペックは満足。

旅をするにも、丁度いいコンパクトさが気に入っている。逆にこれ以上小さいと、作業がしにくいので、これが最小の作業しやすいサイズかと思う。

私のおすすめたち