THAILAND

微笑みの国タイ。

仏教の国タイ。

タイ料理が美味しいタイ。

お寺を巡る旅。

世界中からバックパッカーや、オンラインノマドの人が集まるタイ。

やっぱり食事が美味しいし、生活費が安い。そして、治安もまあまあいい方。一人旅初めての人にもお勧めできる国。旅の費用や、私の体験記などまとめた。

1. バックパッカー旅の費用

 (100タイバーツ=353.73円 2019年04月22日)

旅中一日の節約旅最低コスト 300バーツ (1,060円)

ゲストハウス 120-300バーツ(ドミトリー)

ローカルフード 35-100バーツ

ビール 40バーツ

市内公共交通機関 20-50B

ちょっと良いホテル 1000-3000バーツ

ツアー参加 1000-1500バーツ

ほとんどの場所が現金払いなので、なるべく細かい現金を持っておくと便利。

宿泊・バックパッカー宿/ホステル/安宿の相場

 宿の種類 タイバーツ日本円 
安宿ドミトリー(バックパッカー宿・ホステル)100~300350~1,050
 ダブルルーム200~700~
ダブルルーム(エアコン付き)300~1,050~
超高級ホテル9,000~33,000~

ここで、タイの安宿の相場はざっくりこのくらい。

ホテルによって、予算によって全く違う。節約旅行なら1泊400~500円くらいを考えておけばいい。

宿泊予約リンク集

私が検索する順番。全部検索してから、安くてレビューも良さそうな場所を予約します。

1. Booking.com

2. Agoda

3. Airbnb

(このリンクから初予約すると、クーポンもらえます)

4. Google Map (“hostel”などで検索してます。)

私がよく使うのはBooking.com。割引とかセールもあるので、スマホにアプリも入れています。

移動

12go

ここを見れば、大体の相場と乗り場と降りる場所が分かるはず。(バンコク~チェンマイ)

トゥクトゥクはタクシーより高い値段をふっかけてきたりする場合が多いので、注意!旅行客とみると、相場を知らないのをいいことに、かなりの値段を言ってくる。交通量が少ない場所はより顕著。

基本的に使うのは、バス。そして、徒歩!必ず公共の移動手段を探します。

バスまたはミニバンの目安

出発地目的地移動時間タイバーツ日本円
バンコクチェンマイ11h670~2,300~
 チェンライ11h590~2,000~
 アユタヤ2h250~870~
 スコータイ10h750~2,600~
チェンマイチェンライ3.5h220~760~
 パイ3h200~700~

食事

ローカルフードは安い!屋台なら200円もあれば大体食べられる。もちろん冷房の効いたレストランで食べようと思うと、アウトドアで食べるローカルフードよりは高いが、90~150バーツ(300~500円)あれば1食十分に食べられる。

水・お酒

蛇口から出る水はタイでは飲んではいけない。コンビニや商店で買いましょう。

 タイバーツ日本円
1.5リットルボトルの水1550
ココナッツ水60200
コーラ1550
ローカルビール(チャング大瓶)~60~200
サングソム(タイのラム小瓶)160560

2. 観光シーズン

繁忙期(11~3月)

真夏は灼熱のタイ。この時期は割と涼しく過ごしやすいので、居心地が良いはず。もちろん、クリスマスと年末年始は人混みがすごいのでご注意。

閑散期(7~10月)

台風などが多く、午後になるとスコールが降る事も多い。そして、いくつかの島はシーズンオフの為閉鎖される場所も有り。

私のタイ旅行は、食べて食べて寝て食べて食べて移動して、、また食べて。と、タイフード三昧の旅行だった。

2か月程フィリピンに滞在していて、フィリピンの料理があまり好きじゃなかったので余計に日本人に合うタイフードが素晴らしく感じた。露店で食べる麺が本当に美味しい。

そして、私がタイいいなー!!と思ったのは、タイの人たちの人柄。微笑みの国というだけあって、なんとなく温かな雰囲気が漂っている。

その前に、空港での事件

空港に降り立った時、入国審査で滞在場所を聞かれた。着いてから決めればいいやと思っていて、全く決めていなかったので、正直に

「どこに泊まるか決めてない」

と答えた。

「知り合いもいないのか」

と傲慢な態度で聞かれ、もちろん知り合いもいないし、ただの自由な旅行なわけだよ。

彼らは釈然とせず、こんな私の目の前で首を傾げていた。その態度がすごく感じが悪くて、タイは微笑みの国じゃないのか!!と心の中で叫んだ。

自由な旅行人ってタイものすごく多いと思うんだけどなぁ。

3. タイの都市

空港でまず初めに驚いたのが、ほぼすべての印刷物がふにゃふにゃ文字のタイ語。もちろんさっぱり分からない。

バスに乗ろうとしても、行先が分からない。仕方なくタクシーに乗ろうとしても、片言の英語ですら通じない。これは困った。

1時間ほど空港内をうろうろして、やっと電車の駅を発見した。

あんなにうろうろする人は中々いないでしょう。

で、チケットを買おうとしたところ、自販機を発見。

目の前に白人のカップルがいて、悪戦苦闘している。タイ語だ。

外国人が困り果てている姿を見るに見かねてか、一人の青年が現れて、どこに行きたいのかを聞いて、その白人カップルのチケットを買ってあげていた。

そして、私も。とりあえずダウンタウンに行きたいといい、地球の歩き方で地図を見せてなんとか空港から出られそうだ。

助けてくれた青年の名前はボム。なんと同い年でタイ人だった。丸眼鏡をかけた少し髪の長い優しそうな彼。

お互い片言の英語しかしゃべれないけど、つい数週間前まで東京の友達のとこにいたらしく、そんな話をしてたら、

「今日は暇だから、行きたいとこあるなら一緒に行こう」

と誘ってくれた。

まさか後でガイド代よこせとか言わんやろな。

と腹の中で思いつつ、良い人そうだし、多少なら払ってもいいかとそのまま一緒に。

今思うとめちゃくちゃいいやつで、チケットを彼のお金で買ってくれたり、荷物持ってくれたり、泊まるとこが決まるまで一緒に探してくれたり。

次の日の行先の経路を調べてくれてメッセージくれたり、、、、

マジでいい人と出会ったバンコク。。


 

バンコクの観光名所

・ワットポー

かの有名な涅槃のいる場所。バンコクと言えばここといってもいいのでは。有名なだけあって、人込みがすごいが見る価値はあった。

・ワット・プラケーオ

本堂の中に納められている”エメラルド仏”はタイ王国の最重要仏のひとつだそう。沢山の地元の人も熱心にお参りしていた。

・ワット・ボウォニウェット ヴィハラ Wat Bowonniwet Vihara

カオサン通りからすぐ近くのお寺。前後に座られた2人の金の仏陀が見られる。全般的なお寺でも言える事だが、半袖半ズボンでは入れない。なるべく肌を露出しない恰好で行こう。

・エラワンの祠 タオ・マハープロム

現代的なビルが立ち並ぶ一角に突如として現れる祠。タイの伝統的なダンスが見られ、日夜問わず参拝者が後を絶たない。

・スリ・マリアマン寺院 Sri Mariam Man Temple

バンコクの中で一風変わったデザインの寺院。それもそのはず、仏教寺院ではなくインド系移民の為のヒンズー教のお寺だとボム(空港で知り合いになった)から聞いて分かった。中ではそれらしい修行僧?がそれらしい儀式をしていた。撮影は禁止されていた。


 

バンコクのおすすめホステル

The Yard Hostel Bangkok

6人部屋ドミトリー 550バーツ~

イベントも開催されていて、他の旅人とも交流しやすい。

Everyday Bangkok Hostel
8人部屋ドミトリー 230バーツ~

メトロの駅が近く便利。そして、スタッフもとてもフレンドリーと高評価。わいわいしたい人向け。

Barn&Bed Hostel

10人部屋ドミトリー 400バーツ

4人部屋女性ドミトリー 550バーツ

インテリアや内装が女子好みのホステル。ウェブページは日本語なので、英語が自信のない人でも簡単に予約できる。

ボムとはその日でお別れしたが、たまにFacebookでメッセージをやりとりする仲になった。

アユタヤでは着いたその日にブラブラしていて、軽トラみたいなのに乗ったガイドを発見。そのまま色々ガイドしてもらう事に。

アユタヤの観光名所

・アユタヤ歴史公園

結構大きな公園の中に、遺跡が残る。

・ワット・プラ・マハータート

木の根に埋もれた仏陀の頭部が有名。有名なだけあって、人込みがすごかった。

・ワット・プラシー・サンペット

頭の無い仏陀が沢山して、不思議な光景が広がっている。

・ワット ヤイ チャイ モンコン

にこ~っと横たわる涅槃像。大きい!

アユタヤおすすめホステル

EARY BIRD HOSTEL AYUTTHAYA

男女共用10人部屋ドミトリー 240バーツ

男女共用6人部屋ドミトリー 260バーツ

無料で朝食が付いたり、50バーツで自転車が借りれたり。

Yimwhan Hostel and Cafe Ayutthaya

6人部屋ドミトリー 200バーツ

ツイン個室 590バーツ~

洗練されたお洒落なデザインのホステル。

SLEEPAHPLIC HOSTEL

男女共用12人部屋ドミトリー 270バーツ

男女共用4人部屋ドミトリー 310バーツ

アユタヤからバスで田舎道を走る事5時間。結構な田舎なのかと思いきや、タイは東南アジアの中でもかなり発展していると言われてるだけあって、割と大きな街っぽい。

バス停で、うろうろしてたら一人のおじさんが声をかけてきて、

「どこから来たの?おー!日本人!?泊まるとこあるの?」

と聞いてきた。

その時まだその日に泊まる場所を決めていなかった。

で、突然誰かに電話をかけ始め、電話を渡された。

「もしもし?」

日本人!?

なぜか日本人が電話の向こうで話している。

話を聞くと、スコータイでゲストハウスをやっていて、このおじさんは旦那さんだそう。

車で連れてってくれると言ったので、そのまま行ってみる事に。

着いてみたら、先程電話で話した日本人の方が迎えてくれた。

値段を聞いたら個室なのに割と安かったので、すぐに決めた。シャワーを浴びて、すぐ隣になるレストランでブランチ。

夕方になると、しばらく滞在してると言う日本人の常連さん。タイは何度も訪れているそうで、物知り博士だった。

一緒に夜ごはんを食べようという事になり、自転車を借りてその日本人の常連さんとマーケットへ。次々とお気に入りのおすすめタイ料理を買っていく。

そして、ビールを買って、ゲストハウスへ戻り一緒に食事を共にした。

どれも全部美味しくて驚いた。やっぱり長期滞在者は違うな、、、。

次の日、朝早く起きて一人でスコータイの遺跡群を見に行った。

入口の前で朝食を食べて、自転車を借りて、入場料を払って中へ。

これがかなり大きくて、自転車があっても大変。それでも、見どころはすべて周れた。

すごく良かったのはワットシーチュム。中に入ると、何とも言えない静寂な空気が身体を包む。そこでしばし休憩、瞑想。

途中で会ったフランス人のバックパッカーと友達になり、一緒にランチ。

彼はベトナムがすごく良かったとお勧めしてくれた。

日数が限られていたので、数泊したのちまたバンコクへ。

スコータイでお世話になったゲストハウス

ニューシティーゲストハウス

美代さんという日本人の方が切り盛りしている。とても親切なご家族で、お子さんの一休君とみんなで一緒にご飯を食べたりして楽しい時間を過ごさせてもらえました。とっても感謝。見つけにくい場所にあるので、注意。

・チェンマイのデジタルノマドについて考察したブログ記事

デジタルノマドたちは、なぜチェンマイに集まるのか

チェンマイ デジタルノマド
Cave Lodge, Tham Lod, Thailand

 

・チェンマイの宿

Near The Park Backpacker House

アゴダの予約サイト

施設は古かったけど、とにかく安い!300円くらいで泊まれるし、朝ご飯にトーストを用意してくれる(セルフサービス)。レディボーイのスタッフさんが超親切で楽しい。他のゲストともすぐに仲良くされる感じの雰囲気があるホステル。

 

A Little Bird 2 Guesthouse

アゴダ予約サイト

少し古めなのと、蚊が多い。ナイトマーケットが近くて、周りにお店も宿も多い。バックパッカー宿街。wifiも速かった。

・チェンライの宿

Adchara Mansion

Booking.comのサイトに飛びます。

ここの宿のオーナーさん夫婦がとてもよくしてくれた。居心地がとてもよくて、長期滞在できる。

 

・チェンライのブログ記事

チェンライはここを押さえて!芸術と文化がユニークな厳選スポット5選と、行ったけど若干微妙だった場所

一人の芸術家が人生をかけた、チェンライの”白い寺”通称ホワイトテンプル。彼の情熱が世界中から人を引き付ける。

 

・パイの宿

Pai Yard Guesthouse

Agodaから予約

ここの雰囲気もとても良い。部屋は綺麗だし、朝ご飯はおいしいし、のんびりできる。ダウンタウンからは少し歩くけど、山の中腹にあって、とても静か。モーターバイクがあれば便利。

 

・パイのブログ記事

壮大洞窟体験をタイでする!タムロッド洞窟の詳細とお宿

パイからさらにモーターバイクで北上。ここで出会った、巨大な洞窟の中で竹でできた舟に乗る。

My kindle books are on sale!

CUBA

時が止まったようなキューバ。それもそのはずで、アメリカとの国交が回復したのが2015年。物資がなく、まさに鎖国状態だったといっても過言でないこの不思議な国。一筋縄ではいかなかったキューバ旅の毎日を日記形式で書いてます。

mexico.01

カナダからカンクンへ降り立つ。ユカタンやキンタナローの海で遊んで、マヤ遺跡を巡る旅。バックパッカーで、本を書いているフランス人のニコとの出会いと別れ。

taiwan

台湾をぐるりとほぼ一周。台北からスタートして、時計回りに台南まで。沢山のお寺や、夜市を見て周った。2019年の新年も迎えたが、先住民の多く住む片田舎でどうしても動けず足止めをくらったり。